不定愁訴/自律神経失調症
専門医

こんにちは、日本で唯一の不定愁訴/自律神経失調症専門医 飯島慶郎(いいじまよしろう)です。
ここは私の活動をまとめたポートフォリオページです。

Profile

飯島慶郎(いいじまよしろう)

心療内科医/臨床心理士/総合診療医 また 漢方医/総合内科医/産業医でもある

それぞれの分野のエキスパートであるとともに、各専門性を統合して不定愁訴・自律神経失調症・心身症の治療を有効に展開するマルチドクター

不定愁訴専門医/自律神経失調症専門医 を自称し、つらい症状を抱えて生きてきた大勢の患者さんを治癒に導いている

心身の軽微な不調を入口にクライエントの「人生そのもの」を癒すことを実践

「解決できない不定愁訴・自律神経失調症・心身症はない!」と本当に感じている

不定愁訴とは…

「病気」ではないのに症状がある

一般の方は、何か症状を感じるとそれが何らかの病気ではないかと不安になるものです。しかし医学的には、症状があるからといってそれが疾患であるとは限りません。
通常の身体医学においては、疾患に関係のない症状は「病的意義がない」として無視されます(医学書に記載されることもありません)。
こういった「病気ではないのに症状がある」という状態を不定愁訴、または不定愁訴症候群と呼びます。

自律神経失調症とは…

不定愁訴のひとつ

自律神経系は交感神経と副交感神経からなり、本人の意思とは無関係に内臓や皮膚の機能を調節しています。
本来は、外界の変化や体の必要に合わせて適切に機能しますが、この働きが不調をきたすことがあり、その場合多くの不快な症状を呈します。
この状態を自律神経失調症と呼びますが、通常の身体医学では自律神経失調症を「病気」とは考えず、治療の対象とすることもありません。
したがって自律神経失調症は先述の「不定愁訴症候群」のひとつに分類されます。

不定愁訴の総合サイト
不定愁訴専門医.JP

著書紹介